2007年07月04日

第二回クメール語講座

スオ スダイ!!
ひろみです。
クメール語講座も早いもので、第2回目です。
まさか、ここまで続くとは・・・、考え深いものがあります。

今回のテーマは、前回に引き続き、「挨拶」です。



◎お元気ですか? :ソック サバーイ チア テー? (sok saba:i cia te: ?)
・少し長い文ですね。日本語みたいに、「元気ですか?」と質問文にしなくても、
「元気〜?」って、語尾を上げて言えるので、
「ソック サバーイ〜?」でも質問文になります。

◎元気です :ソック サバーイ (sok saba:i)
・「はい、元気です」の「はい」は、男性と女性では、返事の仕方が違います。
男性は「バー(ト)」(ba:t)
女性は「チャー」(cha:h)

この返事を使いこなせれば、あなたもクメール人みたいです。

ちなみに、「いいえ」は オッ(ト) テー(ot te:)です。

◎ありがとう :オークン (o:kun)
・クメール語で「オー」は、「喜ぶ」という意味
クメール語で「クン」は、「恩」という意味です。

つまり、「(相手から受けた)恩を喜ぶ」と、いう意味です。
ちなみに、日本語の語源は「有ることが難しい」からきています。

「オークン」という言葉の後に「チュラン(chraun)」日本語で「たくさん」という意味の言葉をつけると「どうも、ありがとう」になります。

「オークン」という言葉の後に「トム トム(tom tom)」という言葉をつけることも出来ます。トムが日本語で「大きい」という意味です。それを2回もいうので、日本語に訳すなら「でっかく、ありがとう」かな。

◎さようなら :チュムリアップ リア(chumreap lea)
・これもチュムリアップ スオと一緒で丁寧な挨拶にあたります。

◎さようなら :リア ハウイ(lea haoi)
・一般的なさよならの表現です。

◎ようこそ :ソーム スワコーン(so:m suwako:n)
・空港にカンボジアの子どもたちを迎えに行く人は、覚えておくと良いですね♪
ちなみに、「いらっしゃいませ」もソーム スワコーンです。
なぜなら直訳は、「歓迎させて下さい」です。

◎段々と言葉が増えてきましたね。
1度やった文は、意味の説明省いて、クメール語講座をやっていくので、
必ず復習して下さい。 
先生、意外と厳しいです!!

カンボジアの有名な「ことわざ」に

「勉強する時は、恋をしない」

という意味のことわざがあります。
カンボジアの子どもは、勉強熱心な子どもが多いです。
僕たち日本人も頑張りましょう♪

でも、僕の方針は「勉強頑張る時、恋も頑張る」です。
しかし、恋愛は教えられません。あしからず。


長い文章を読んでくれて、
オークン チュラン!
リア ハウイ!

kouza2pic.JPG
「サバーイ トムトム!」
(JAPAN TOUR VOL2@小豆島)

posted by 東京イベント実行委員会 at 22:18| Comment(1) | クメール語講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。