2007年07月18日

旧土俵班長、講演デビューする!「カンボジアの夕べ」

s-RIMG0005.jpg


わたくし、これまで人前で話した経験というのは、業務命令によ
りやむを得ずに行った社内セミナーの講師数回くらいの、ほんの
数えるほど。

そんな僕が、愛するカンボジアを多くの人に知ってもらうため、
大好きな地球探検隊の場を借りて、講演デビューを果たしました。

題して「カンボジアの夕べ」。

中村隊長にかなり早い段階で打診をして、探検隊HPにも紹介はし
てもらってたものの、直前に探検隊スタッフの子に聞いたら、お
客さんは7人。。。


それって、身内だけじゃん・・・

と、焦ったものの、いつもの探検隊の夕べと同じように、直前で
どたどたどたっとお客さんの予約が入って、15人くらいの聴衆は
いたでしょうか。
何とか身内だけという事態は免れました。


「カンボジアの夕べ」のトークは、探検隊で扱っている現地発着
ツアーの一つ、イントレピッド社「ロードトゥアンコール」の話
がメイン。

僕も、イントレピッド社のツアーに参加したことがあるのですが、
世界中から旅好きの人が集まって、数日間、旅先という日常から
離れた環境のもと寝食を共にします。
旅が始まるときは、言葉も上手く通じずに手探りでお互いに接す
るという感じだったのが、いつしか、友情が生まれ、旅が終わる
頃は、別れで切なさに胸がいっぱいになる、
こんな、ほんの数日間だけど、一生忘れられない体験は、ほかで
は得難いもので、ぜひ多くの人に薦めたいものの一つです。

そんな現地発着ツアーの「ロードトゥアンコール」に行った主催
・菊池の話を聞いているうちに、旅に出たくなってしまって、
「なんでカンボジアカンボジアって言ってるんだ俺。
まだ見ぬ国を目指して、旅をしたい!」
なーんて思ってると(笑)、自分の発表の番に。。。


事前に打ち合わせたとおり、内容がかぶらないように、別の切り
口で準備していた話を僕もさせていただきましたが、うまく楽し
さが通じたでしょうか?

そんな僕は、解任された旧・土俵班長という仕事以外にも、ジャ
パンツアー東京支部の主催の一員という面もあるので(ほぼ忘れ
られている気がするけど)、ジャパンツアーの宣伝もしっかりと
してきました。

たくさんのスタッフが応援に駆けつけてくれて一緒に宣伝を手伝っ
てくれたおかげで、ジャパンツアーのチケットも何枚か売れたし、
スタッフになりたいなんて言ってくれる子までいて、とても有意
義な時間になったと思います。
後日、スタッフの方からも、盛り上がって良かったねと言っても
らえましたし、場所を提供してくれた探検隊のみなさまと、当日
に来てくれて、休日の数時間を共有してくれたみなさまにも、こ
の場を借りてお礼を申し上げたいと思います。


あ、記事中に紹介した「ロードトゥアンコール」では、今回のジャ
パンツアーにやってくる子供たちが踊るプノンペンのレストラン
「Veiyo」を訪れます。

ツアーにも、ぜひご参加あれ。

旧土俵班長:c-man
posted by 東京イベント実行委員会 at 23:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。